2008年11月07日

AIUのシニア保険

シニア保険は今や保険会社の主力商品で、種類も随分増えましたね。
シニア保険には医療保険と入院保険とがあるようですが、これはどこがどうちがうのでしょうか。

基本的に医療保障は入院が主流なので、実際のところ言葉の違いが一番の違いだと聞きました。
勿論入院保険と表示されている保険は、入院の時の保障は一見しっかりしていますね。
とは言っても、どんな保険の場合でも、全ての入院がサポートされる訳ではありません。

確かに、持病があっても加入出来るのがシニア保険の魅力ですが、加入と保障は別物、これも大きな特徴です。
契約する際は、その辺りの細かい条件をしっかりと検討した方がいいようですよ。

最近は夫婦で一緒に加入されるご家庭も多いそうですね。
それはそれでいい事だとは思いますが、もしどちらかが持病などを持っている場合は、違う保険に入るのも賢い作戦の一つではないでしょうか。

"シニアにきちんと入院保険"というAIUの保険は、医療保障が充実しているので、中々良いのではないかと思います。
シニア保険を出している会社の多くは外資系の保険会社ですよね。
勿論国内でも太陽生命の出している保険は結構人気があるようです。
とは言え、ランキング情報などを見ていると、やはりあアリコやアメリカンホームダイレクト、アフラックなどが上位を占めています。

シニア保険のような加入審査の簡易な保険を無選択型保険というらく、外資系の保険会社では多種多様の商品を発売しています。
そんな保険などで知られる多くの外資系保険会社はAIGグループの所属
です。

保険会社もつぶれる可能性があるので、そうした信頼度もネットなどを使ってよく調べてから決めたいものです。
posted by さかなかな at 17:00| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリコのシニア保険

シニア保険というのは、通常50才位から80才位までの中高年を対象にした保険です。

こうした保険の多くは、医師の審査がなく、持病がある人でも比較的安易に加入出来るというメリットがあります。
年をとればとるほど、怪我や病気で入院する可能性も上がるので、最近は新たに入る人も多いですね。

多くの保険会社が様々なシニア保険を発売しています。
例えば、アリコなら、”はいれます”や”守りたい”などといった保険がありますね。
他にも”ゆうゆうはつらつ”なんていう名前も聞いた事があります。


シニア保険だからと言って、必ずしも誰でも加入出来るとは限っていないようですが、従来の保険に比べればはるかに入りやすいと言われてい
ます。
医療保障に関しては結構手厚いようですが、死亡時には本当の葬式代しか出ない保険が殆どですね。
まあもっとも、病気ではなく事故や自然災害などで死亡した場合にはそこそこの保険金が降りる保険もあるようですが。

こうした保険の一般的な条件は各社それほど差はないようです。
リスクの高い世代を対象にしているせいか、アリコのように外資系の保険会社の方が多数扱っていますね。
審査の簡易な保険を無選択型保険というそうです。
アリコには、こうした無選択型の保険がいくつかあるようです。

アリコの保険はテレビCMなどでもなじみがあるし、いいんじゃないかなぁっとは思っています。
ブログやサイトを読んでみたところ、アリコのは結構人気もあって、評価も悪くないようでした。

みなさんもサイトやブログで保険を研究してみたください。

posted by さかなかな at 16:56| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険の見直しが必要な理由

中高年になって保険を見直すのであれば、やはりシニア保険は重要なポイントになると思うんですよね。

熟年世代のための保険で、加入が安易な代わりに掛け金が割高だとよく言われます。
ある程度病気や怪我をする確率が高くなった人たちを対象にしている訳ですから、それはそれで仕方がないだろうとは思います。

問題は保険の中身、保障などの条件で、表向きの加入条件はどこのど
の保険も似たようなもののような気がします。
従来の生命保険の補助として加入するのはいい事ですよね。
定年を迎えるとどうしても住宅ローンや保険の見直しをしなければならなくなるし、シニア保険に入る人も増えるのではないでしょうか。

保険と一口に言っても、各社いろいろな保険があり、しかも細かい条
件を全て把握するのは大変な事です。
ましてやそれらをきちんと理解して、自分に一番合った保険を見つけ出すのは至難の業だと思います。
なので、まずは今の保険をどう見直すかを決めてから決めた方がいいのではないでしょうか。

夫婦で一緒に入れる保険に加入するのも一つの保険の見直し方法ですね。
又、入院のサポートの充実している保険を見つけ出す事も、今後は大事になると思います。
若い頃は家族のために保険に入るという感じでしたが、ある程度の年になると変わってきます。

はっきり言って、いくら事故や災害で死亡しても、そんなに多額のお金が入って来る訳ではありません。
シニア保険の多くのうたい文句が"葬式代を保障!"です。

シニア保険は死亡時よりも入院時がポイント、医療保障の手厚いように見える保険は何種類もあります。
ところが、これ又要注意で、全ての入院をサポートしてもらうのはかなり難しいようです。

入院保障には、日数制限や疾病制限が多数付いています。
50才を超えると通常の保険には加入し辛くなります。
もし現在すでに終身保険に加入している人であれば、一番ベストなのは、今ある保障の不足部分を補ってくれる保険ですよね。

いろいろな保険の長所と短所を知るためには、ブログやサイトを読んでみてはいかがでしょうか。
最近はメリットもデメリットもオープンに掲載されているので、情報収集の手段としてはとても良いと思います。
posted by さかなかな at 16:50| 保険のウンチク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院保険の種類

シニア入院保険は大変いい保険ですが、いろいろな保険があり、必ずしも喜べるものばけりではないという話も聞きます。

確かに、加入しやすいけれど、少々掛け金が割高なのも仕方はありません。
この辺りのメリットとデメリットの関係は皆さんよく判っているようです。
けれど、それ以外にも様々なメリットとデメリットがあります。

シニア入院保険というのは、主に50才以上の熟年世代を対象にした保険で、多くが80才位まで加入出来るようです。
中には40代から入れるというのもあります。
年齢や健康状態を理由に段々従来の生命保険に入りにくくなる世代を対象にしているところから需要は確実に伸びてきているそうです。

シニア保険は、所謂シニア市場の金融商品の一つで、シニア保険にはシニア終身保険とシニア入院保険の大きく分けて2種類があります。
中でも怪我や病気のサポートをしてくれる入院保険はどこの保険会社でも人気のようです。

入院保険には選択型と無選択型の2パターンがあります。
これは加入する契約者ではなく、保険会社側が加入者を選択するか選択しないかという事だと考えた方がいいでしょう。
つまり、無選択型の保険は、基本的には加入者を選ばないという事です。

そう、よくテレビCMでやっている"診査不要!"という保険ですが、選
択型と言っても、簡単なアンケート方式で、医師の審査が要らない商品も多いようです。
健康面での心配をそれほどしなくても入れるのが最大の魅力です。

今や知らない人がいない位の超有名な保険商品で、どこの保険会社も加入者獲得に奮闘しています。
本来ならリスクの高いはずの保険なのに、ちょっと不思議だと思いませんか。

実はこのシニア入院保険、保険会社にとっては案外美味しい商品のようですよ。
いざ入ってみると、細かい規則が多く、従来の生命保険や傷害保険ほど当てに出来ない部分も多数あります。
けれど、これから先私たちが長生きするための強い味方になってくれそうなのも確かです。

とりあえずは、ブログやサイトを参考に、自分の健康状態や家族構成などにあった保険をよく吟味する事が大切ですね
posted by さかなかな at 16:44| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療保険の内容を知る

これからの高齢化社会、シニア医療保険は必要だと思います。
年を取ればとるほど有難味も解って来る事でしょう。
若いうちの保険というのは家族のためという感じですが、ある程度の年になると自分のための保険がお薦めだそうですよ。

シニア医療保険というのはシニア保険の一種で、医療保障を重点に作られた保険だそうです。
なので、入院すれば1日5000円位貰えるものも結構あるようです。
ただし、リスクの大きい加入者が対象という事で若い人たちの保険に比べてやや割高です。

この保険の魅力は健康状態に関わらず比較的誰でも入れる保険なので
、デメリットはある程度仕方がないですよね。
中には、医師の審査を受けなくても加入出来る商品が多数あり、やはりこれが中高年にとっては大きなメリットなのではないでしょうか。
それに、死亡時の保障が少ないため、月々の掛け金は意外とリーズナブルです。

シニア医療保険というのは、お年寄りが年金でも支払えるように設定してあるような気もします。
しかし、中には本当に医療保障しかされないものもあるようですし、死
亡しても葬式代位しか支払われないのが殆どです。
まさに家族のための保険ではなく自分のための保険と言えるでしょう。

シニア医療保険はいろいろな会社が出しているので、加入する際には、しっかりと比較して検討した方がいいでしょうね。


posted by さかなかな at 16:30| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比較方法を考える

「シニア保険」の比較と一口に言っても、全て比べるのはとても大変です。
最近はインターネットで簡単に調べられるようにはなりました。
年齢や性別などを入力する事によって、それぞれの詳しいデータが出て来るサイトなんかもあるようですね。

とは言え、発売されている保険一つ一つを全部チェックしていくのはとても面倒そうです。
そこで、いくつかの保険をピックアップして、資料請求をする事にしました。

例えばアリコだったら”入れます!”、アメリカンホームダイレクトなら”これからだ!”と言ったところでしょうか。
アフラックの”優しいフォーエバー”なども注目されているようですね。

「シニア保険」には死亡保障型と医療保障型の2パターンが主流のようです。
毎月の掛け金はそう大きな差はないようですが、保障の条件には特徴があります。
資料を取り寄せてじっくり見比べてみたところで、そう簡単には決められないでしょうね。

まずはブログやサイトを読んでから、何社かの資料を取り寄せた方がいいかも知れません。
そして、届いたいろいろな資料を片手にもう一度ブログやサイトをチェックするのが最高の比較方法なのではないかと思っています。

posted by さかなかな at 16:24| 保険の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキング調査を参考にする

「シニア保険」が今人気のようですが、どこのどんな保険が支持を集め
ているのでしょうか。

「シニア保険」というのは、50代からの中高年を対象とした保険です。
医師の審査がなく、比較的誰でも入れるのが一番のメリットです。
通常なら年齢や健康状態を理由に加入を断られる可能性の高い人たちをターゲットにしているんですよね。
その分割高と言えば割高なのですが、補償金額がそう大きくないため、比較的リーズナブルな価格のものも沢山あります。

保険の人気ランキングと言っても、加入件数や資料請求の件数など、その種類はいくつかあるようです。
資料請求の件数というのは実際の加入件数ではありません。
あくまでも興味を持たれた方の数という事になります。
なので、本当に支持されている保険を知るためには、契約件数のランキングを見なければならないんですよね。

シニア保険のランキングに登場している保険は大半が外資系の会社の商品です。
たしかに国内の老舗生命保険会社はあまり出していないような気もします。
こうした手続きや条件が安易な保険を無選択型保険と言うそうです。
保険会社が加入者を選ばないという事で、外資系の保険会社には無選択型の商品が多数ありますね。

ランキングでは、アリコやアメリカンホームダイレクト、アフラックなどが人気のようです。
”入れます!”や”これからだ!”、”どなたでも!”などなど、テレビコマーシャルでもおなじみですね。


シニア保険は今の長寿社会には必需品なのか、一般のブログやサイトの
中でも書いている人は多いですね。
やはり実際に保険に入っている人の意見を参考にするのは何よりです。
posted by さかなかな at 16:18| 保険のウンチク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険とは?

「シニア保険」とは、その名の通りシニア向けの保険で、今、この契率が上がっているそうです。

「シニア保険」の加入対象は、所謂段階の世代。
殆どの保険が50才以上の中高年を対象にしています。
本当に保険が必要だと思える年代がお客様なんです。

けれど対象者は、これまで新たに保険に加入するのが難しい年齢の人たちでもありました。
それが、この保険の人気の理由ではないでしょうか。

「シニア保険」には死亡保障の付いた終身型と怪我や病気をサポートしてくれる保険とがあります。
通常医師の診断が必要なく、比較的誰でも簡単に入れるのが特徴で、そのため、年齢や健康状態を理由にこれまで保険の加入を断られていた人たちも、かなりの確率で契約する事が出来ます。

対象者は多くが50才以上ですが、中には40才位から入れる保険もあります。
しかも、面倒な審査や手続きが少ないため、サブの保険として加入している人もいるようです。
毎月の掛け金も比較的リーズナブルですが、補償金額も一般の生命保険や傷害保険に比べればやや少ないのが特徴です。


とは言え、加入していれば、入院しても一日いくらかは貰えますし、死亡時には葬儀代位は出ます。
事実、葬式代のためにと入っている人も結構あるみたいですね。
年金生活になって貯金をするのは中々大変なので、とてもいいシステムだと思います。保険だと思えば、月々の支払いもさほど苦にならない
ものだからです。

「シニア保険」は今や保険会社の重要商品の一つらしく、大抵の保険会社が発売しています。
沢山あって、どこのどの保険に入れば良いのか迷ってしまうほどです。

ブログやサイトで調べるというのは、大変いいアイデアだと思いました。
posted by さかなかな at 16:06| 保険の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア終身保険のポイント

最近は殆どのシニア向け保険が「シニア終身保険」と言えるのではないでしょうか。
なぜなら、”一生涯保障!”という表示がある以上、終身保険と考えても良いのではないかと思うからであります。

従来の生命保険でいう終身とは、亡くなるまで保証してもらえるという事も同じでしょう。
なのに、なぜかよくシニア向けの保険には「シニア終身保険」と「シニア医療保険」があると言われますよね。

終身保険を不要とする人の中には、確かに医療保障だけで死亡時には何も要らないというお年寄りもいるのかも知れませんけれど。
それでも死ぬまで入院などのサポートは欲しいでしょうし、やはり終身
保険は必要なのではなかろうかと思います。
むしろ頼る人がいないからこそ終身保険がいると考えます。

シニア向け終身保険といってもいろいろあって、中には医療保障の手厚い保険もあります。
多くの終身保険は葬式代も保証してくれるようで、加入しておけば、周囲の人々に迷惑をかける事無くあの世へ行けるでしょう。
近頃は子供に迷惑をかけたくないという理由から、夫婦で終身保険に
入る家庭もあるようですよ。

シニア終身保険は、確かに掛け金は安くはありませんが必要だと考えている人が多いようです。
終身保険は死ぬまで付き合う保険ですから、やはりどこのどんな保険でもいいという訳には行きません。
これから加入しようと思っている人は、まずブログやサイトをしっかり読んでからと決めてほしいと思います。
posted by さかなかな at 15:55| 保険の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。