2008年11月07日

入院保険の種類

シニア入院保険は大変いい保険ですが、いろいろな保険があり、必ずしも喜べるものばけりではないという話も聞きます。

確かに、加入しやすいけれど、少々掛け金が割高なのも仕方はありません。
この辺りのメリットとデメリットの関係は皆さんよく判っているようです。
けれど、それ以外にも様々なメリットとデメリットがあります。

シニア入院保険というのは、主に50才以上の熟年世代を対象にした保険で、多くが80才位まで加入出来るようです。
中には40代から入れるというのもあります。
年齢や健康状態を理由に段々従来の生命保険に入りにくくなる世代を対象にしているところから需要は確実に伸びてきているそうです。

シニア保険は、所謂シニア市場の金融商品の一つで、シニア保険にはシニア終身保険とシニア入院保険の大きく分けて2種類があります。
中でも怪我や病気のサポートをしてくれる入院保険はどこの保険会社でも人気のようです。

入院保険には選択型と無選択型の2パターンがあります。
これは加入する契約者ではなく、保険会社側が加入者を選択するか選択しないかという事だと考えた方がいいでしょう。
つまり、無選択型の保険は、基本的には加入者を選ばないという事です。

そう、よくテレビCMでやっている"診査不要!"という保険ですが、選
択型と言っても、簡単なアンケート方式で、医師の審査が要らない商品も多いようです。
健康面での心配をそれほどしなくても入れるのが最大の魅力です。

今や知らない人がいない位の超有名な保険商品で、どこの保険会社も加入者獲得に奮闘しています。
本来ならリスクの高いはずの保険なのに、ちょっと不思議だと思いませんか。

実はこのシニア入院保険、保険会社にとっては案外美味しい商品のようですよ。
いざ入ってみると、細かい規則が多く、従来の生命保険や傷害保険ほど当てに出来ない部分も多数あります。
けれど、これから先私たちが長生きするための強い味方になってくれそうなのも確かです。

とりあえずは、ブログやサイトを参考に、自分の健康状態や家族構成などにあった保険をよく吟味する事が大切ですね
posted by さかなかな at 16:44| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。