2008年11月07日

AIUのシニア保険

シニア保険は今や保険会社の主力商品で、種類も随分増えましたね。
シニア保険には医療保険と入院保険とがあるようですが、これはどこがどうちがうのでしょうか。

基本的に医療保障は入院が主流なので、実際のところ言葉の違いが一番の違いだと聞きました。
勿論入院保険と表示されている保険は、入院の時の保障は一見しっかりしていますね。
とは言っても、どんな保険の場合でも、全ての入院がサポートされる訳ではありません。

確かに、持病があっても加入出来るのがシニア保険の魅力ですが、加入と保障は別物、これも大きな特徴です。
契約する際は、その辺りの細かい条件をしっかりと検討した方がいいようですよ。

最近は夫婦で一緒に加入されるご家庭も多いそうですね。
それはそれでいい事だとは思いますが、もしどちらかが持病などを持っている場合は、違う保険に入るのも賢い作戦の一つではないでしょうか。

"シニアにきちんと入院保険"というAIUの保険は、医療保障が充実しているので、中々良いのではないかと思います。
シニア保険を出している会社の多くは外資系の保険会社ですよね。
勿論国内でも太陽生命の出している保険は結構人気があるようです。
とは言え、ランキング情報などを見ていると、やはりあアリコやアメリカンホームダイレクト、アフラックなどが上位を占めています。

シニア保険のような加入審査の簡易な保険を無選択型保険というらく、外資系の保険会社では多種多様の商品を発売しています。
そんな保険などで知られる多くの外資系保険会社はAIGグループの所属
です。

保険会社もつぶれる可能性があるので、そうした信頼度もネットなどを使ってよく調べてから決めたいものです。
posted by さかなかな at 17:00| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。