2008年11月07日

AIUのシニア保険

シニア保険は今や保険会社の主力商品で、種類も随分増えましたね。
シニア保険には医療保険と入院保険とがあるようですが、これはどこがどうちがうのでしょうか。

基本的に医療保障は入院が主流なので、実際のところ言葉の違いが一番の違いだと聞きました。
勿論入院保険と表示されている保険は、入院の時の保障は一見しっかりしていますね。
とは言っても、どんな保険の場合でも、全ての入院がサポートされる訳ではありません。

確かに、持病があっても加入出来るのがシニア保険の魅力ですが、加入と保障は別物、これも大きな特徴です。
契約する際は、その辺りの細かい条件をしっかりと検討した方がいいようですよ。

最近は夫婦で一緒に加入されるご家庭も多いそうですね。
それはそれでいい事だとは思いますが、もしどちらかが持病などを持っている場合は、違う保険に入るのも賢い作戦の一つではないでしょうか。

"シニアにきちんと入院保険"というAIUの保険は、医療保障が充実しているので、中々良いのではないかと思います。
シニア保険を出している会社の多くは外資系の保険会社ですよね。
勿論国内でも太陽生命の出している保険は結構人気があるようです。
とは言え、ランキング情報などを見ていると、やはりあアリコやアメリカンホームダイレクト、アフラックなどが上位を占めています。

シニア保険のような加入審査の簡易な保険を無選択型保険というらく、外資系の保険会社では多種多様の商品を発売しています。
そんな保険などで知られる多くの外資系保険会社はAIGグループの所属
です。

保険会社もつぶれる可能性があるので、そうした信頼度もネットなどを使ってよく調べてから決めたいものです。
posted by さかなかな at 17:00| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリコのシニア保険

シニア保険というのは、通常50才位から80才位までの中高年を対象にした保険です。

こうした保険の多くは、医師の審査がなく、持病がある人でも比較的安易に加入出来るというメリットがあります。
年をとればとるほど、怪我や病気で入院する可能性も上がるので、最近は新たに入る人も多いですね。

多くの保険会社が様々なシニア保険を発売しています。
例えば、アリコなら、”はいれます”や”守りたい”などといった保険がありますね。
他にも”ゆうゆうはつらつ”なんていう名前も聞いた事があります。


シニア保険だからと言って、必ずしも誰でも加入出来るとは限っていないようですが、従来の保険に比べればはるかに入りやすいと言われてい
ます。
医療保障に関しては結構手厚いようですが、死亡時には本当の葬式代しか出ない保険が殆どですね。
まあもっとも、病気ではなく事故や自然災害などで死亡した場合にはそこそこの保険金が降りる保険もあるようですが。

こうした保険の一般的な条件は各社それほど差はないようです。
リスクの高い世代を対象にしているせいか、アリコのように外資系の保険会社の方が多数扱っていますね。
審査の簡易な保険を無選択型保険というそうです。
アリコには、こうした無選択型の保険がいくつかあるようです。

アリコの保険はテレビCMなどでもなじみがあるし、いいんじゃないかなぁっとは思っています。
ブログやサイトを読んでみたところ、アリコのは結構人気もあって、評価も悪くないようでした。

みなさんもサイトやブログで保険を研究してみたください。

posted by さかなかな at 16:56| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院保険の種類

シニア入院保険は大変いい保険ですが、いろいろな保険があり、必ずしも喜べるものばけりではないという話も聞きます。

確かに、加入しやすいけれど、少々掛け金が割高なのも仕方はありません。
この辺りのメリットとデメリットの関係は皆さんよく判っているようです。
けれど、それ以外にも様々なメリットとデメリットがあります。

シニア入院保険というのは、主に50才以上の熟年世代を対象にした保険で、多くが80才位まで加入出来るようです。
中には40代から入れるというのもあります。
年齢や健康状態を理由に段々従来の生命保険に入りにくくなる世代を対象にしているところから需要は確実に伸びてきているそうです。

シニア保険は、所謂シニア市場の金融商品の一つで、シニア保険にはシニア終身保険とシニア入院保険の大きく分けて2種類があります。
中でも怪我や病気のサポートをしてくれる入院保険はどこの保険会社でも人気のようです。

入院保険には選択型と無選択型の2パターンがあります。
これは加入する契約者ではなく、保険会社側が加入者を選択するか選択しないかという事だと考えた方がいいでしょう。
つまり、無選択型の保険は、基本的には加入者を選ばないという事です。

そう、よくテレビCMでやっている"診査不要!"という保険ですが、選
択型と言っても、簡単なアンケート方式で、医師の審査が要らない商品も多いようです。
健康面での心配をそれほどしなくても入れるのが最大の魅力です。

今や知らない人がいない位の超有名な保険商品で、どこの保険会社も加入者獲得に奮闘しています。
本来ならリスクの高いはずの保険なのに、ちょっと不思議だと思いませんか。

実はこのシニア入院保険、保険会社にとっては案外美味しい商品のようですよ。
いざ入ってみると、細かい規則が多く、従来の生命保険や傷害保険ほど当てに出来ない部分も多数あります。
けれど、これから先私たちが長生きするための強い味方になってくれそうなのも確かです。

とりあえずは、ブログやサイトを参考に、自分の健康状態や家族構成などにあった保険をよく吟味する事が大切ですね
posted by さかなかな at 16:44| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療保険の内容を知る

これからの高齢化社会、シニア医療保険は必要だと思います。
年を取ればとるほど有難味も解って来る事でしょう。
若いうちの保険というのは家族のためという感じですが、ある程度の年になると自分のための保険がお薦めだそうですよ。

シニア医療保険というのはシニア保険の一種で、医療保障を重点に作られた保険だそうです。
なので、入院すれば1日5000円位貰えるものも結構あるようです。
ただし、リスクの大きい加入者が対象という事で若い人たちの保険に比べてやや割高です。

この保険の魅力は健康状態に関わらず比較的誰でも入れる保険なので
、デメリットはある程度仕方がないですよね。
中には、医師の審査を受けなくても加入出来る商品が多数あり、やはりこれが中高年にとっては大きなメリットなのではないでしょうか。
それに、死亡時の保障が少ないため、月々の掛け金は意外とリーズナブルです。

シニア医療保険というのは、お年寄りが年金でも支払えるように設定してあるような気もします。
しかし、中には本当に医療保障しかされないものもあるようですし、死
亡しても葬式代位しか支払われないのが殆どです。
まさに家族のための保険ではなく自分のための保険と言えるでしょう。

シニア医療保険はいろいろな会社が出しているので、加入する際には、しっかりと比較して検討した方がいいでしょうね。


posted by さかなかな at 16:30| 保険選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。